ミスチル桜井さん47歳、ワンオクTAKA28歳の間に生きる35歳⑴

4/22横浜アリーナのワンオクライブ

これが人生2度目のワンオクライブだった。

 

なんと前座(正確にいうとオープニングアクト)にミスチルが出る!

なんだそれ!!ミスチルでしょ?対バンなの?いやオープニングアクトっていうことは

どういうこと??

 

、、、というなかで人生最初のワンオクライブから夢覚めやらないなか、

チケットキャンプを見るも、まあ高い価格高い価格、

前回の幕張が7500円のに対して、2万円近く。

ミスチルプレミアムもあるんだろうな、

でもワンオク かじり中のみとして、

08年クアトロ→10年武道館→アリーナの歴史を一気に見たなかではみたいな、

というかミスチルも観れるってどういうことだよ!!

 

私は35歳、25年前 小学生の時にイノセントワールドが出、

おそらく当時はみんな買ったであろうatomic heartを買い、

夏休みなんども聞いたな、

中学生ではtomorrow never knowsをなんど聞いたのだろう、

そして終わりなき旅、光の射す方へ、青春時代はミスチルでいっぱいだった。

 

ただ、20代すぎたころからあまり聞かなくなった、

bank bandの方がよかったし、仕事が忙しくなるにつれて、

あまり音楽を聴くということもなくなってきた。

 

僕が最後にいったのは2010年ぐらいのspring grooveかな。

清水翔太がとてもカッコよかった時

あとjohn regendもこの時単独ライブいったな。

BCG出て、かっこよくて、ジャズもできて、ポップス的なこともできる

どんだけ才能あるんだ、と。ただその後低空飛行な印象のなかで、

la la landを見て、ちょっと嬉しくおもった30代男子は少なくないはずだ。

 

・・・と過去の話がながくなったが、そんな青春のミスチル

そして誰もがいきたがっていたミスチルのライブ、過去いったことなかったけど。

時を経て今もっとも見たいワンオクと一緒に見れる、

やっぱりこれは行こう、ということでチケットキャンプを大人買いして

横浜アリーナに向かった