ミスチル桜井さん47歳、ワンオクTAKA28歳の間に生きる35歳⑶

さあさあ本題のミスチル ライブというよりアクトです。

1曲目、2曲目わからず、3曲目に向かう際に再びMC。

 

桜井さん「ワンオクが10周年、決して順風満帆な10年ではなかったと思います。その中で彼らは暗闇に入ったとしても常に手を伸ばし、光を探し、もがき続けてきた。成功した今も前に進むために懸命に取り組んでいる。そんな彼らに捧げます。」

 

Tomorrow never knows

 

のイントロが始まる。もう会場中が歓喜。イントロの音の流れ方も違う、

桜井さんの声も違う、歌詞も胸を打つ。

 

ーー

 とどまる事を知らない時間の中で
 いくつもの移りゆく街並みを眺めていた
 幼な過ぎて消えた帰らぬ夢の面影を
 すれ違う少年に重ねたりして

 無邪気に人を裏切れる程
 何もかもを欲しがっていた
 分かり合えた友の愛した女でさえも

 償うことさえできずに今日も傷みを抱き
 夢中で駆け抜けるけれども まだ明日は見えず
 勝利も敗北もないまま孤独なレースは続いてく
 
 人は悲しいぐらい忘れてゆく生きもの
 愛される喜びも 寂しい過去も

 今より前に進む為には
 争いを避けて通れない
 そんな風にして世界は今日も回り続けている

 果てしない闇の向こうに oh oh 手を伸ばそう
 誰かの為に生きてみても oh oh
 Tomorrow never knows
 心のまま僕はゆくのさ 誰も知ることのない明日へ

 優しさだけじゃ生きられない
 別れを選んだ人もいる
 再び僕らは出会うだろう
 この長い旅路のどこかで

 果てしない闇の向こうに oh oh 手を伸ばそう
 癒える事ない傷みなら いっそ引き連れて
 少しぐらい はみだしたっていいさ
 oh oh 夢を描こう
 誰かの為に生きてみたって oh oh
 Tomorrow never knows
 心のまま僕はゆくのさ 誰も知ることのない明日へ

ーー
時は経ち、中高生の時とはもちろん異なる感情が出るけど、
闇の向こうに手を伸ばし恐れや不安も感じながら夢を描くこと、
それは変わらない。ミスチルだってそうなのだろう。
tomorrow never knowsが発売したのが94年の冬。当時の桜井さんは24歳。
まさに最初の成功を収めたイノセントワールドにつづき、
次の爆発的な成長のど真ん中で描いた時から、20年以上が経ち、
バンドとして成功を夢見るところからの不安や期待から、
成功したバンドが衰退していくことの不安の中で次どんな光を描けるのか、
時は経つ、いつまでも成長は続けられない、成長からどんな変化を行うのか、
変化の先にどうするのか、どんな花を咲かせるのか、
はたまた彩る花ではなく、確かな根を張るのか。
 
私の暗闇は何か、手を伸ばすものは何か、光は何か、
光に向かっているのか、光を見ようとしているのか、
時代は変わる。変わり続けなければいつの間にか置いていかれる。
変化は読めない、だけど常にいつも変化の先に向かうことはできる。

ミスチル桜井さん47歳、ワンオクTAKA28歳の間に生きる35歳⑵

という形で向かった横浜アリーナ

 

今まで仕事で株主総会などできたことはあったものの、

ライブできたのは初めて。

幕張メッセに比べるとちょっと小ぶり。

 

いそいそとしながら、

前回はモッシュもサークルもできなかったから今回はやるぞー!

と思いながらドキドキしてさあ幕が、、、の前にMC...

 

モッシュ、サークル、ダイブ禁止です

 

?ロックバンドのライブだよね??ワンオクだよね???というか

35の私も参加したいとおもったのに、、、

とにかく前の週の幕張初日ライブで報道されたのが運営側的にはダメだったよう。

 

いろいろなところで報道されているので割愛しますが

たしかに私がいった2日目もTakaが堂々と「俺たちのライブはいつもあんなもん」

「昨日だけフィーチャーするな」「でもみんな大事」「だから参加する人としない人は安全な場所にいてね」といっていたので、

takaとしてもかなり配慮をした発言だったのが、いろいろ誤解ある報道をされて

アミューズ側がある種の大人な対応をせざるを得なかったのだなあ、と。。。

35歳の私は大人側の視点でひとまず納得。

 

さあ、ミスチルです。

 

いきなり1曲目と2曲目がわからず。

申し訳ないけど、やっぱりtakaとの圧倒的な差を感じてしまい、

正直ワンオク早く始まってほしい、、、とあの青春時代のミスチル

もう過去になってしまったんだな、といろいろ時代の変化を感じながら鑑賞・・・

 

さてMC、は素晴らしい桜井さんの人徳者っぷり。

先輩として、去年ワンオクのライブを傍で見ている中

taka「俺たちが世界一のロックバンドだ!!」桜井「・・・先輩来てんのにね笑。でもライブを見終わって僕も本当に世界一のロックバンドだと思った。ご飯を食べに行ったときに、思わずtakaくんにライブのオープニングアクトをお願いしちゃった。きっと断れなかったでしょうね笑」

、、、とこれなかなか20歳下の後輩には言えない言葉ですよね。

大人の余裕とかそういうことではなく、

おそらくミュージシャンとしての才能のカーブ、時代の変化、それを一番感じているのがまさに本人たちで、その変化の中で自分たちがどう生きるか、後輩たちとどう関わるか、またおそらくミスチルファンも高齢化している中で、10代〜20代が多いワンオクファンの前でライブを行うことで自分たちの可能性を改めて試しているのかな、とも感じた。

ミスチルがミニアルバムをだしたのが92年、そこから25年が経ち、bank bandをはじめたのが2004年そこから13年が経ち、バンド、オーガナイザー的なところから、おそらく自分たちだけではもう変化のサイクルを起こせないことを感じて

こういったことを始めたのかな、とも思いました。

ある種企業にも通じることがあるのかもしれません。老舗企業が自ら新規事業を始めたり、模索したり、ただどうしてもかなわないところがあり、ベンチャー企業を取り込んだり、ベンチャージョイントしたり、もしくは側から見ると屈辱かもしれないけど、

それでも自分たちの組織体を成長していくためにベンチャーを立て、後塵だったとしてもその中で光を模索している。。。

 

ちょうど僕は彼らの間に生きている35歳。成長からどうしても避けきれない衰退期に入る存在と、イケイケでまさに貪欲に成長し拡大していく存在の間、どう生きていくか。

10年後否が応でもカーブの曲がりが強くなったときにどう立ち向かうかどう生きていけるか、後輩にリスペクトを持ち、立場を変えていった中でも変化を受け入れるか、だんだんライブというより生き方を考えさせられたのがこのライブでした。

 

ミスチル桜井さん47歳、ワンオクTAKA28歳の間に生きる35歳⑴

4/22横浜アリーナのワンオクライブ

これが人生2度目のワンオクライブだった。

 

なんと前座(正確にいうとオープニングアクト)にミスチルが出る!

なんだそれ!!ミスチルでしょ?対バンなの?いやオープニングアクトっていうことは

どういうこと??

 

、、、というなかで人生最初のワンオクライブから夢覚めやらないなか、

チケットキャンプを見るも、まあ高い価格高い価格、

前回の幕張が7500円のに対して、2万円近く。

ミスチルプレミアムもあるんだろうな、

でもワンオク かじり中のみとして、

08年クアトロ→10年武道館→アリーナの歴史を一気に見たなかではみたいな、

というかミスチルも観れるってどういうことだよ!!

 

私は35歳、25年前 小学生の時にイノセントワールドが出、

おそらく当時はみんな買ったであろうatomic heartを買い、

夏休みなんども聞いたな、

中学生ではtomorrow never knowsをなんど聞いたのだろう、

そして終わりなき旅、光の射す方へ、青春時代はミスチルでいっぱいだった。

 

ただ、20代すぎたころからあまり聞かなくなった、

bank bandの方がよかったし、仕事が忙しくなるにつれて、

あまり音楽を聴くということもなくなってきた。

 

僕が最後にいったのは2010年ぐらいのspring grooveかな。

清水翔太がとてもカッコよかった時

あとjohn regendもこの時単独ライブいったな。

BCG出て、かっこよくて、ジャズもできて、ポップス的なこともできる

どんだけ才能あるんだ、と。ただその後低空飛行な印象のなかで、

la la landを見て、ちょっと嬉しくおもった30代男子は少なくないはずだ。

 

・・・と過去の話がながくなったが、そんな青春のミスチル

そして誰もがいきたがっていたミスチルのライブ、過去いったことなかったけど。

時を経て今もっとも見たいワンオクと一緒に見れる、

やっぱりこれは行こう、ということでチケットキャンプを大人買いして

横浜アリーナに向かった

今更ながらワンオクの衝撃

あまりに仕事が激しすぎて週末の余裕もなかった時期をすぎ、

いろいろとプライベートの考える時間ももてるようになり、

4月いろいろとライブに行ってきました。

 

そのなかでダントツにダントツにすごくよかった、

なぜこれだけ指示されるのかがよくわかったワンオクのことをライブはじめ

感じたことを書いていきます。

 

 

はじめまして

はじめまして

kennabeです

 

都内で過ごしているなかで

uber,メルカリ、アッテ、チケットキャンプ、

line pay,paymoなどそれなりにデジタルアプリや

海外通販などを行っているなかで

感じたこと、自分以外にもこれっていいのかなあと思っている方に

役立つ情報提供をできたらと思ってます

 

よろしくお願いします